貸す人が信頼をおける人であれば貸します

タイトル通り、貸す人が信頼のおける人であり、自分が提示されたその金額を貸しても生活に困らないほどの貯蓄があるなら貸します。
家族だから貸す、友人だから貸さないという判断の仕方はあまりにも単純で浅はかなものの考え方だと私は思います。
どれだけ血のつながりがあるからといっても、裏切るときは簡単に裏切れると思うからです。
むしろ、家族だから許されると思って安易に借りようとするかもしれません。
実際に私の身内に、親兄弟からお金を借りて未だに返済していない人物がいます。
彼は借りているのに、貸してくれた人に会ってもお金の話には自分から一切触れず、借りたという事実をなかったかのように振る舞っています。
私は彼の言動や行動を小さいときから冷めた目で見ていました。
家族で会っても決して許される行為ではありません。その人物は、悪びれる様子もなく、現在も株に投資ししながら自由奔放な暮らしをしています。
なぜ貸した人が馬鹿を見る羽目になるのか。それはやはり貸すという行為を安易に考えすぎていたからだと思います。
貸すということは、もしかしたら返ってこなくなることがあるかもしれないということを十分に考慮したうえで、すべき行為であると私は思います。
ちなみに今もし私が貸してと言われて貸せる相手は、家族であれば父親と姉です。
母親は他界しているのでここに入りませんが、父親と姉になら今すぐにでもまとまった金額を貸すことをすると思います。
これは、この2人には本当にこれまで数えきれないくらい迷惑をかけ、助けてもらったからです。
お金に変えれるわけではありませんが、私はこの2人を信用していますし、もし万が一返せなくなったと言われても、決してそこに恨みは生まれないと思うからです。
今までお世話になった分の恩返しとして、もうそのお金はあげたつもりで貸すのです。
また、もし友人に貸してと言われた場合は、これはもう万単位では、いくら信頼のおける人物だからといっても貸すことはありません。
なぜなら、貸したことにってその友人との関係を壊してしまうことになるのが一番嫌だからです。
千円単位なら、揉め事になるまではいかないかなと自分では判断しますので、もし急にお財布を忘れてお金が手元にない等の事態が発生した時は、迷うことなく貸すことになると思います。

ひつこく貸してほしいとか、困っているという人には消費者金融や銀行でお金を借りることを勧めますね。自分で人からではなく金融からお金を借りていれば絶対に返済せざるを得ないですし、本人だけの問題になるので私的にはそれが一番いいと思っています。

どうしもて今日今お金が必要だからと言われても調べてみるとその日に借りれる金融はあります。

こういったところです⇒その日に借りれる

何も自分で調べもせずに、人から簡単にお金が借りれると思っているのがどうしても私は許せません。親戚の彼みたいな人間、親戚だと思いたくないくらい嫌いです。

大の大人が自分のことくらい自分でしてほしいですね。

消費者金融でのキャッシングをするときに気を付けること・・・

近頃よく見かける当日現金が手に入る即日キャッシングをしてくれる頼りになるキャッシング会社というのは、これくらいかな?と思っている数よりも実は多いから安心です。ちなみにどこも、即日キャッシングによる振込ができる時刻までに、やっておくべき契約の事務作業などが終わっているというのが、必須です。
多くのカードローンなら即日融資してもらうことも可能です。だからその日の午前中にカードローンの申し込みをして、審査に通ることができれば、当日の午後には、カードローンを使って融資を受け始めることが可能になっています。
ネット利用できる環境を整えられたら、消費者金融会社の頼りになる即日融資をしてもらえる、可能性がかなりあります。あえてこんな言い回しを使うのは、審査があるわけですから、それにうまく通ったならば、即日融資で融資してもらえるという意味で使っています。
いきなりのお金が必要なときに、有用な即日キャッシングによる融資が可能な会社と言えば、たくさんの業者の中でも平日14時までのホームページからのWeb契約で、うまくタイミングが合えば申込を行ったその日の即日キャッシングだってできることになっている、プロミスではないでしょうか。
事前に行われる新規キャッシングの際の事前審査では、これまでの収入や今後の見込み額、、今の会社に就職して何年目なのかといったことなどを審査の対象にしています。もし今までにキャッシングで滞納があったなど過去の出来事も、キャッシングを取り扱っている会社には筒抜けになっていることが普通なので古いことでも気を付けてください。

 

 

Leave a Comment