節約の結果残ったお金が貯金

結果的に毎月貯金は出来ています。毎月いくら貯金に回すと決めて最初に貯金分を取り分けた方が良いという意見も聞きますが、
私は貯金額を決めず、結果的に残った分が貯金という事になっています。
平均5万円ぐらいですが、少ない月は1、2万、多い月は10万ぐらい貯金しています。
でも正直、我が家の世帯収入は決して多くはありません。私は専業主婦なので、主人一人の稼ぎにかかっていて、その主人の
お給料も全くよくありません。
少ないお給料の中から目標額も決めずにどうして貯金が出来ているかと言えば、かなり危機感を持って節約しているからです。
逆に目標額を決めていない分、余計に節約に拍車がかかっている面もあるでしょう。
何故そこまで節約にのめり込むようになったかと言えば、子供が幼稚園に通いだした時、あまりにも多くのお金が出て行き、気にせず
生活していたら簡単に赤字になるという事に気が付いたからでした。今までに一度だけ本当に赤字になって貯金もなくて専業主婦の私がお金を借りることのできる金融で借金をしたことがありました。私たちはお互い両親に頼ることができませんし、ましてや結婚をしている私が友人からお金を借りることなんてできません。兄弟も貧乏生活をしているので貸してもらえなかったんです。
毎月赤字になる、赤字にならなくても貯金が出来ないという事は、将来子供が大学に行く時の資金が貯められないという事です。
小、中学校は確実に公立なのでその間に資金が貯められそうですが、小学校高学年にもなると塾代もかかってくるし、家電や車の買い替え、
家の修繕など、まとまったお金が出て行きそうです。
なので、「子供が大学を卒業するまでは気を抜けない」と節約に目覚めました。
主婦が出来る節約って色々ありますが、一番は食費を削ってしまいがちになってしまいます。光熱費を節約するように工夫したり、
子供がスーパーでねだる物を簡単に買わない、取り敢えずお金を使う時点で「本当に必要?」と吟味する、など細かく色々取り組める
のですが、「大きく節約出来るのって食費だな…」と実感しています。
でもあまりにも節約に拍車がかかり過ぎて、食費をどんどん抑えていくと、今度は家族の栄養面に影響が出て来ます。私はついつい
ムキになってしまう性格なので、一時期かなり食費を抑え過ぎ、自分も含め家族の栄養面が心配な状態に持っていってしまいました。
その時の事は反省し、栄養を取りつつ食費を極力抑えられるように、毎日スーパーのチラシとにらめっこしながら買い物に走り回っています。
気持ちを引き締めるだけでも節約は出来ます。そうしたら必然的にお金は残っていくものです。

 

Leave a Comment